遺産分割を上手く行うには

遺産分割というのはスムーズな解決をすることができるのは非常に珍しいケースだといわれています。
多くの場合では税理士さんなどを間に挟みながら話し合いをしていくことによって円満な解決を求めています。
それまでは仲良しだったご家族でも遺産協議を行っていくに従い、それぞれの感情などが高ぶってしまい喧嘩になることや、いつまでも相続協議が終わらないという状況になってしまうこともあります。

遺産分割をうまく行うためには一人一人のわがままや欲などを出さないというのが1番ですが、それでもやはり目の前にたくさんの財産があれば欲が出てしまうのも仕方がないといえるでしょう。
当然ですが、相続協議を行っていく中で親族が揉めてしまうというのは被相続人が考えてもいなかったことですから、一人一人が被相続人の気持ちをしっかりと優先しながら、それぞれの相続人が自分たちの相続についても考えていかなくてはなりません。

前述の通り必要以上の欲を出したり、勝手に動いたりする人間が1人でもいると相続協議そのものがスムーズにいかなくなってしまいます。

◼︎できるだけ遺言書を作っておいてもらう

まずは遺産協議を行って行く中でうまく行うには被相続人の生前から遺言書を作っておいてもらうことが一番の理想といえます。
財産がなければ特に遺言書なども必要ありませんが、少しでも財産があるなら前もって遺言書を作っておいてくれるようにご家族がお願いすると良いでしょう。
相続人となるのが配偶者やお子様という場合には大きく揉めてしまうことはありませんが、相続人が他にも複数いるといったケースではどうしても揉めてしまうようなことがあります。

また遺産相続を行っていく中で、法定相続人となる立場の人は決められていますから、このような法律的な部分でも、相続人が誰になるのかを一人一人がしっかり把握していなければなりません。
中には親戚の方まで出てきて相続問題が大きくなってしまうこともあるようですが、基本的に親戚の方などは相続人にはなりませんから、遺産相続の協議そのものに口出しする権利さえありません。
こうした部分は法律的なことで話し合いを行い関係のない人が口を挟まないように法定相続人としての毅然とした態度をとることも重要になります。

◼︎第三者を間に入れて話し合いを続けていく

上でも少し触れましたが、遺産協議を行っていく際には必ず税理士さんをはじめとして専門家を間に入れたほうが良いでしょう。
冷静な判断と正しい知識を持っている第三者が間に入ることによってトラブルも防ぐことができます。
また協議が終了した後には公正証書として残すことも重要になりますが、この場合でもやはり専門家が必要になりますので、最もわかりやすくそしてスピーディに相続問題を解決するためにはこれが1番大切な部分とも言えるでしょう。

◼︎相続人は欲を出さず、前向きになる

複数の相続人がいる場合には、前述した通り、一人一人が欲を出してしまうと喧嘩になります。
そのため、欲を出すのではなく相続協議そのものには前向きな姿勢を見せながら自分の欲は出さず、最低限の遺留分を受け取るといった方向で考えていくのが1番です。

その中で遺留分以上に財産が残っているのであればその財産を平等に分けていくといった気持ちを相続人全てが持っていれば大きなトラブルになってしまうことはないでしょう。
相続協議を行っていく中で相続人がどのような気持ちを持つかが大きなポイントとなってきます。
例えば自分の欲ばかりを大きく出し、たくさんの分与を受け取ろうとする人物が現れた場合には平等な運用を行わず、長びけば長引くほどに法律的には単純承認とされてしまうことがほとんどですから、こういったケースではプラスになる部分を自分の欲だけでたくさん分与するというのであれば、万が一後になってマイナスとなる財産が発覚した場合にも、それも同時に背負うことになるということを遠回しに説明しておきましょう。

このような部分には気がつかず、表面上のプラスになる部分だけに欲を出す相続人もいるので、マイナスとなる可能性があることを示唆しておくだけでもある程度はトラブルの抑制につながっていきます。