いつまでも相続協議が終わらない

相続協議がいつまでも終わらざに長引いてしまうというのは非常に大きなデメリットがあります。
例えば、相続協議を初めてから最初の頃はとても前向きに協力してくれていた相続人がいても誰か1人がわがままを言ってなかなか距離がまとまらないといったケースでは、前向きだった相続人に途中で嫌気がさしてしまいその後は非協力的になってしまうような可能性さえ考えられます。

そうなると改めて全ての相続人を集めて協議をしているのが非常に難しくなってしまいますから、まずここでひとつのデメリットが発生することになります。
そしてもう一つ考えられる大きなデメリットとして相続協議を始めてから、基本的には3ヶ月以内に行わなくてはならないものがあり、これは相続権を放棄するケースとなります。
プラスもマイナスも引き受けるのではなく、完全に相続権を放棄するという判断をするのであれば相続する財産が残っていたことを知ってから3ヶ月以内に申請しなければ単純承認をしたことになってしまいますので、プラスもマイナスも引き受けてしまうことになります。

◼︎残してくれた財産の価額が変わってしまうことがある

上記した2つだけでも非常に大きなデメリットとなるのですが、これ以外にも相続協議を長引かせた際には多くのデメリットがあります。
それは被相続人が残してくれた財産がどのようなものかによって変わってきますが、残してくれた財産の中に車が残っていたり、その他にも土地や家屋などが残っているといった場合には、長びけば長引くほどに、こうした財産物の価格そのものが変化しますので価値が下がってしまい、最終的に分与する際にはとても少ない金額になってしまうようなことがあります。

また家屋などに関しては、相続登記を行わなくてはならないのですが、このような部分でもスムーズにいくものだと思い相続登記に必要な書類などを先に集めていた場合、長引いてしまうことによって集めた書類の有効期限が切れてしまうことがあります。
近場であればすすぐに書類を取り直すことができますが遠方の場合には、わざわざ現地に足を運んだり、郵送で書類を取り寄せたりしなければならないので、揃えるまでの手間が2度3度とかかってしまうことになります。

◼︎相続税の申告をするには長い時間が必要となってしまう

遺産相続を行った際には相続税の申告や納付をしなければならないのですが、このような部分でも協議そのものが終わらなければ次のステップへと進むことができませんので、いつまでも相続税の支払いが終わらず、嫌な気分になることもあります。
また、遺産協議を行っていく中で税理士さんなどを頼んでいると協議が終わるまでの費用が高くなってしまうことも考えられるでしょう。
できるだけ早い段階で税理士さんを間に立てながら平等な運用ができるように話し合いをしていかなくてはなりません。

遺産相続においては非常に細かな決まりがあるため、このような決まりを知らず、自分のわがままだけを述べてしまう相続人が1人でも出てくると他の相続人に大きな迷惑がかかることを知りましょう。
また、何も分からず自分の欲だけで遺産協議に協力的ではないものが現れた場合には上記したような内容はしっかりと説明した上で前向きに協力してくれるように、まずは話し合いを持つことが大切になります。
また協議に参加してくれない相続人がいるためいつまでも分割協議が終わらないというケースでは最終的に家庭裁判所などを通じて解決に進むことができるので、こうした方法も念のために覚えておくと良いです。